パレスホテル東京 2-4 (千代田スイート)

パレスホテル東京 2-4 (千代田スイート)

館内散策
このパレスホテル東京は外資系のホテルと違って、古くからの形態を守っています、結婚式場や宴会スペースなどの(催し物も含む)大きな部屋がたくさんあります。

まずは6Fから
ここはホテル宿泊者や外からのレストラン利用者などが利用する高級レストランのフロアーになっています。
画像


フランス料理 クラウン 入口 (正面のワイングラスのデザインもいいです)
ただし入り口からしてただならぬオーラが出まくりです。
画像


画像


画像

壁の作品は挾土秀平さんの作品です。

バーの入り口
画像


日本料理の和田倉も昭和の時代からの伝統の日本料理店


5F
画像


中華料理店の入り口に有る絵と壺
画像


画像



続く



ぽんねえ♪ さんへの挾土秀平作品追加写真

追加写真 1
画像


追加写真 2
画像

土壁のように見えるのですがどうでしょう?


追加写真 3
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2017年04月29日 23:18
何一つとっても高級そうですなぁ。無縁の世界ですわ。(泣)
2017年05月01日 22:23
根なし日乗さん、こんばんは♪
ホ~ッ
   
ため息がでます。♪
セメントですよね。
固いイメージの素材が曲線で床のカーブまで続き
まるで柔らかなカーテンのように表現されているのですねぇ~。
もっと見たい・・・・
根なし日乗
2017年05月02日 10:37
nas-nasさん、おはようございます。
高級レストランの中でも、ここは特別だそうです。
予約してあるのに、入るのを躊躇しました(笑)
根なし日乗
2017年05月02日 10:44
ぽんねえ♪さん、おはようございます。
リクエストにお応えして、追加写真3枚UPしておきました、御笑覧のほどを。

写真を拡大してみたところ、セメントではないように見えますけど、どうでしょうね?
2017年05月02日 21:54
根なし日乗さん、こんばんは♪
写真の追加、ありがとうございます。
挾土秀平さん=左官職人=セメントと繋がってしまいました。
土に拘っておられる方だから、漆喰とか珪藻土かも知れませんね。(^^;)
失礼しました。
レストランの店内はイブニングドレスをイメージしてあると、ネットで見ました。
色も氾濫していなくて上品ですね。
奥様もきっとドレスアップ、いいなぁ~憧れます。
ぽんねえ♪にはこういうチャンスは訪れないと思うので、根なし日乗さんのブログでしか味わえません。今後ともよろしくです。(笑)
根なし日乗
2017年05月03日 17:05
ぽんねえ♪さん、こんにちは。
そうですよね、やっぱり土系ですよね。

このクラウンというフランス料理のお店、伝統があるので、ほんとただらなぬ雰囲気です。
連れもいつもなんとかというブランドものを着ていますが、僕がリラックスしたセーターが好きなので、バランスがとれないといつもぶつぶつ言っています、さすがここはジャケット着用が必要でした。

この記事へのトラックバック